葬儀での受付について|葬儀・葬式・家族葬の準備や流れ費用の相談なら【みんなのお葬式】

0120-505-828

日本全国、24時間、365日いつでもご相談ください。

スタッフブログ

2015.7.3

第五十二回 葬儀での受付について

こんにちは。

今回は、「葬儀での受付について」についてお伝えいたします。
通夜、葬儀・告別式において、必ず必要となるのが「受付」です。昨今では、事前相談、生前予約という形で、事前の準備をされる方が増えてきましたが、受付を初めとする、当日の役回りをどなたに、どのようにお願いするかについてまで考えておられる方は非常に少ないようです。
そのため、頼まれた方は、いきなり頼まれることになります。
受付といいますと、香典を受け取るだけのようなイメージがおありかもしれません。しかし、実際は、いくつか注意する点もあります。
家族葬であれば、少人数で近しい方ばかりだから、あまり気にしなくても良いと思われるかもしれませんが、むしろ、少人数で近しい方ばかりだからこそ、喪主以外で式について聞けるのは受付くらいしかなく、また、近しいからこそ、突っ込んだ質問もされるでしょう。
当ブログの読者の方は、家族葬を希望される方が多いことでしょう。だからこそ、受付について、記事にさせて頂きました。

広告バナー

○受付は誰が担当するのでしょうか

一般的には、直系以外の親族の方、もしくは町内等のお手伝いの方がされる事が多いです。なぜなら、受付の方は、葬儀が始まった後もその場にいる必要があるため、直系の親族の方が葬儀に出られない、もしくは途中から参列するという事ではよろしくないからです。
それでも、昨今、家族葬をご希望される方が多くなってきており、直系の親族のみのお葬式もあることから、必ずしも、直系以外の親族でなければならないということはありません。少人数で、参列予定の方を把握できていれば、時間までに来ていただけているかどうかは分かりますし、事情があって遅れてこられた方があった場合、本来であれば、式の始まる前に、芳名帳へのご記入と香典のお受け取りをするのですが、それが式の後になったとしても、家族葬に来ていただいた近しい親戚のことであれば、大事にはならないでしょう。

○受付の役割

本項では、受付の役割について、詳細をご説明いたします。

【受付設備について】

弊社のプランには、受付設備がプランに入っております。芳名帳や筆記具等、必要なものは弊社の葬儀スタッフがご用意いたします。

【お焼香は先に済ませましょう】

弔問客が少ないうちにお焼香を済ませます。その間は、他の方に代わって頂きます。

【会場の配置を覚えましょう】

葬儀式場へのご案内はもちろん、お手洗いの場所、ご遺族や親戚の控え室など、聞かれることもございますので、会場の配置を事前に覚えられたほうがよろしいでしょう。
特に、家族葬ですと近しい親戚が多く、式の前に、ご遺族や他の親戚へのご挨拶をしたいという方もおられます。

【コート等の預かり、その他聞かれそうな事を確認しておきましょう】

冬場であれば、コート等の預かりについてのご確認をお勧めいたします。必ずしもコート等の預かりが可能なところばかりではありませんし、手に持って葬儀に参列したからといって、無礼にあたるわけでもございませんが、できれば、預かってもらったほうが、参列者としても参列しやすいでしょう。

【受付の人数について】

参列者の人数によりますが、一般的には二人置かれることが多い様です。家族葬でも、参列者、ご遺族ともに少人数である場合は、一人ということもあります。反対に、一般葬のように百人前後の方がこられる場合、頼める方がおられれば、三人でもよいでしょう。

【受付の際の挨拶について】

受付の方は、ご遺族の側に立った対応をされるのがよろしいでしょう。来て下さった弔問客へは、ご遺族のつもりでお礼を述べます。
「本日は、お忙しい中をお越しいただきまして、ありがとうございます」
「本日は、お足元の悪い中をお越しいただきまして、ありがとうございます」など

【香典について】

香典は両手で受け取ります。また、受付の方は、香典をご自分が頂くわけではなく、一旦、受付でお預かりしてからご遺族にお渡しするので、この場合は、「お預かりいたします」というのがよいでしょう。

【芳名帳への記帳をお願いする】

弔問客へは、芳名帳への記帳をお願いしましょう。この際は、特に芳名帳と言わなくても、「こちらへご記帳をお願いいたします」とお声がけするのがよいでしょう。
参列者が多い場合は、お一人お一人のお顔とお名前を覚える事は難しいかもしれませんが、家族葬のように、弔問客が比較的少なく近しい親戚ばかりの場合、可能であれば、お顔とお名前を覚えられるとよいでしょう。昨今、親戚同士といいましても、それぞれが別々の土地で生活している事が多く、普段は年賀状のみのやり取りや、年に数回の電話程度のお付き合いとなっていることも多いです。そのため、母方の親戚、父方の親戚というように、知ってはいても会った事がない親戚や、数年前に一度会ったきりといった親戚もおられるでしょう。仮に伝言等の頼まれごとをしたとき、誰に頼まれて誰に伝えるのかがわからないと、お互い気まずい思いをすることもあります。

【返礼品、会葬礼状をお渡しする】

香典をお預かりして、芳名帳へのご記帳をして頂きましたら、受付にご用意してある返礼品、会葬礼状をお渡しします。この際、「ありがとうございました」と言ってお渡しします。なお、香典を辞退する場合でも、弔問に来て下さった方へのお礼として、返礼品をお渡しすることがあります。

【会場へのご案内】

会場の広さにもよりますが、家族葬の場合、比較的少人数での葬儀であるため、広すぎる会場をとることはありません。そのため、葬儀会場の入り口付近に受付が設けられることが多く、どこで葬儀をするかということは、あまり聞かれないかもしれません。
但し、お寺での葬儀の場合、看板が用意されていたとしても、何棟もの建物があるようなお寺ですと、葬儀会場の場所を聞かれることがあるでしょう。
また、親族控え室、ご遺族の控え室、お手洗いの場所等、受付で聞かれる事がありますので、会場へのご案内のほか、こうした事もご案内できるとよいでしょう。

【香典を会計係へ渡す】

受付でお預かりした香典を会計係にお渡しします。

○香典辞退の場合

喪主様、喪家様のご意向で、香典を辞退されるケースがあります。家族葬ではその傾向が強くなってきています。
多くの場合、前もって香典辞退の旨を伝えてあるか、受付に香典辞退の旨の張り紙が掲げられています。そうは言いましても、香典のご用意をされてくる方はおられます。また、人づてに聞いて弔問に訪れた方には、香典辞退の旨が伝わっていない事もあります。そのため、受付で、丁寧に香典辞退の旨をご説明します。一例を下記いたします。

「大変恐縮ではございますが、故人の遺志でご香典はご辞退しております。お気持ちだけありがたく頂戴いたしますので、どうかお収め下さい」
というようにご辞退の旨をご説明します。

○受付をお願いできる方がいない場合(受付代行)

なんらかの事情により、受付をお願いできる方がおられない場合は、弊社の葬儀スタッフにご相談ください。葬儀スタッフによっては、必ずしも受付の代行が可能ではありませんが、受付の代行が可能な場合、別途費用を頂戴することになりますが、責任をもって努めさせていただきます。

○弊社でお別れ葬・家族葬・一般葬をご依頼いただいた場合について

弊社では、お別れ葬・家族葬(式場・自宅)・一般葬(式場・自宅)をご用意しております。当ブログで受付についてご紹介差し上げましたが、弊社にてお葬式をご用命いただけましたら、弊社の経験豊富な葬儀スタッフがアドバイスさせていただきます。
また、お願いできるご親戚の方がいらっしゃらない場合は、葬儀スタッフにご相談ください。

弊社プランの費用に関しましては、 みんなのお葬式料金プランよりご確認ください。

弊社のご用意いたしておりますプランは、いずれのプランにおきましても、設定した費用の中でできる限りのことをさせていただいております。
設定料金のほか、お坊様などの宗教者へのお礼の費用、マイクロバス等の移動にかかる費用、返礼品の費用、お食事の費用は別途となります。
上記の各費用につきまして、移動にかかる費用は、式場と火葬場が隣接している場合、必要ありません。また、返礼品の費用につきましては、葬儀スタッフとお打ち合わせいただき、ご予算をお決めいただきますが、ごく近いお身内の方だけで、ご不要と判断されましたら必要ありません。同様に、お食事の費用につきましても、ご不要と判断されましたら必要ありません。

いかがでしたでしょうか。
今回は、「葬儀での受付について」について、ご紹介させていただきました。
筆者も受付の経験があります。やはり、葬儀の当日にいきなり頼まれました。香典は辞退するように言われておりましたので、受付で辞退の旨をお話していましたが、親族の中に、直接、喪主や近しい親族に手渡す者が出てまいりました。そのため、受付を通さず香典を渡されてしまい、直接渡せば受け取るみたいだ、ということになり、結局は、受付で受け取る事になったということがありました。他にも、すでに受付を済ませた親戚から、伝言を受けたのですが、その親戚の名前が分からず、右往左往したこともありました。
読者の皆様におかれましては、その様な事になりませんよう、当ブログが少しでもお役に立てましたら幸いです。

今後も葬儀のマナーやお葬式に関する様々な事を取り上げてご紹介させていただきますので、よろしくお願いいたします。

広告バナー

お問い合わせはお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

  • 0120-505-828
  • 日本全国、24時間、365日いつでもご相談ください。

事前相談・お問い合わせ

【他の記事を読む】
葬儀イメージ

一覧に戻る

グローバルナビ画像①
グローバルナビ画像②
グローバルナビ画像③
グローバルナビ画像④
グローバルナビ画像⑤