みんなのお葬式の流れ|葬儀・葬式・家族葬の準備や流れ費用の相談なら【みんなのお葬式】

0120-505-828

日本全国、24時間、365日いつでもご相談ください。

みんなのお葬式とは

「みんなのお葬式」では、事前相談をお勧めしています。

お亡くなりになる前に、まずは当社までお電話ください。
全国の専門スタッフがお葬式に必要な段取りを全て把握しておりますので、流れに沿って進めて頂ければ滞りなくお葬式をあげる事が出来ます。お葬式に関する知識をお持ちでない方も、安心してご相談いただけます。

事前相談をお勧めする理由

最も多い葬儀社とのトラブルは、「金銭」に関わる内容です。

通常、担当者は、それまで培った経験をもとに、最もお客様に適したお葬式の内容をご提案します。平時であれば、専門用語で書かれた「不明な部分」について、納得がいくまで確認されるはずです。しかしお葬式は、介護疲れや精神的なショックがある中、極めて短時間でさまざまな内容を決めることになるため、つい細部を確認せず言われるままに内容を決めてしまいがちです。そして、お葬式後に改めて請求書を見直した際に、「不明な部分」が「不要な部分」に感じて、トラブルが起きてしまうのです。

「みんなのお葬式」では、お客様にご納得いただいた上でお葬式を執り行うために、何度でも無料で事前相談をお受けします。事前相談では、実際に「宗教者への御礼」や「火葬料」、「食事代」などのわかりにくい部分も、目安となる金額を入れてお見積りを作成することも可能です。もちろん、事前相談なしのお葬式も可能ですが、余裕を持ってお早めにお問い合わせいただくことをお勧めします。また、いざという時に少しでも長く故人と過ごせるように、事前相談と合わせて事前準備をしておくこともお勧めします。

事前にしたい準備

お葬式の流れ

お葬式の流れ みんなのお葬式へご連絡 ご遺体の搬送等 出棺の義 お見積りの作成 式の段取り打ち合わせ 式で使うものを用意 会社、学校、知人への連絡 お通夜 葬儀、告別式 ご自宅へ後飾り祭壇を設置

みんなのお葬式へ連絡

365日24時間受付

  • 相談・通話料無料、携帯・PHS対応
  • 0120-505-828

みんなのお葬式スタッフが、下記の内容を伺います。

  • ご連絡頂いた方のお名前
  • ご連絡頂いた方の(携帯)電話番号
  • ご希望の地域(市区町村)
  • ご希望の施行場所(ご自宅 or 式場、寺院、教会)
  • 現在のご遺体の安置場所
  • その他
ご遺体の搬送
病院で亡くなられた場合
霊安室(病室)から式場またはご自宅へ搬送いたします。※式場でお葬式を希望される場合で、一旦ご自宅へ安置されることを希望される場合、ご自宅から式場までの搬送料金が掛ります。
ご自宅で亡くなられた場合
ご自宅から式場へ搬送いたします。※ご自宅でお葬式を希望される場合は、搬送はありません。
お見積もりの作成

お葬式についてのご希望や下記について伺い、お見積りを作成いたします。

  • 会葬された方に配る会葬礼状
  • 会葬された方に配る返礼品
  • 香典を頂いた方への香典返し(即返し)の商品
  • 参列された方のお食事

ご希望に合わせたお葬式を行うためにオプションの追加が必要となる場合も、必ず了解を取った上で見積もりを作成いたしますのでご安心ください。

  • ※火葬については、別途、火葬料金の支払いが必要です。各区市町村、管区内の住人であるか否かによっても金額が変わります。詳しくは担当者にお尋ねください。
  • ※宗教者への御礼がわからず心配な方は、その地域の目安を担当者が知っておりますので、お気軽にお尋ねください。
事前相談 無料相談 事前相談はこちら。お気軽に何度でもご相談ください。
式の段取り・打ち合わせ

お見積りと並行して、以下について確認させていただきます。

  • 通夜、葬儀の開始時間
    • ※火葬場の予約状況によってご希望に沿えない場合もあります
  • お付き合いのある宗教者の有無及び連絡
    • ※宗教者のご紹介もいたします
  • 会場のレイアウト(座席の並び、焼香の順番、生花の並び順など)
  • その他
事前相談 無料相談 事前相談はこちら。お気軽に何度でもご相談ください。
式で使うものを用意

ご指定の写真を遺影写真として使う事ができます。
特別な演出をご希望の場合は、担当者に追加オプションとしてどのような演出が可能か確認し、必要な物を用意します。
また、お通夜や告別式の式中に喪主の挨拶を行う場合は、あらかじめ準備されることをお勧めいたします。

事前相談 無料相談 事前相談はこちら。お気軽に何度でもご相談ください。
会社・学校・自治体・友人への連絡

下記についてお知らせします。

  • 故人の氏名
  • 式場の場所
  • 告別式の開始時間
  • 供花
  • 喪主の氏名
  • お通夜、葬儀
  • 香典
  • 供物の受取りについて など

※家族葬をご希望の場合、訃報通知に近親者のみで行う事を記入しておく必要があります。

お通夜

お通夜が始まる前に、担当者から式の段取りを丁寧にご説明いたします。開式後は、担当者の合図に合わせて進行して頂きますよう、お願いいたします。

※会葬礼状は参列者が会社や学校に提出する証明書類にもなりますので、大切に保管されることをお勧めいたします。

葬儀式ならびに告別式

葬儀式は故人をあの世へ送るための儀式であり、告別式は会葬者が遺族への弔意を伝えるための儀式です。
従来は別々に行われておりましたが、現在は様々な理由から同時に行われるようになりました。
告別式の喪主挨拶として、会葬者にお礼の言葉を伝える場合は、あらかじめ準備されることをお勧めします。

出棺の儀

告別式に続いて、出棺の儀が行われます。火葬場へ向かう前に、棺の蓋を開けお別れの言葉と共に切り花で棺の中を彩り、寂しくないように生前愛用の品も棺の中に収め蓋を閉めます。
お別れが済んだら、ご親族にお棺を霊柩車まで運んでいただきます。遺影を持った喪主様は霊柩車に乗って、他の方はマイクロバスやタクシーなどで火葬場へ向かいます。

火葬・葬儀後自宅で後飾り祭壇に遺骨を安置

火葬場に着いた後、炉前にて最後のお別れをします。
終了予定時刻は、火葬場職員よりご案内があります。
火葬後は、骨上げを行います。
火葬中に、葬儀社が後飾り祭壇を設置しに伺います。持ち帰った遺骨はすぐには仏壇に入れず、忌明けまで後飾り祭壇に安置します。忌明け後に担当者へご連絡いただければ、祭壇の撤去に伺います。

以上が5つのプランの基本的な流れです。
葬儀社によって流れが異なる場合もございます。
また、火葬後に精進落としのお食事や初七日法要をご希望の場合は、追加オプションとなります。
詳しくは担当者へご相談ください。

グローバルナビ画像①
グローバルナビ画像②
グローバルナビ画像③
グローバルナビ画像④
グローバルナビ画像⑤