みんなのお葬式とは なぜお葬式に宗教者が必要なのか

お葬式に宗教者を呼ぶ意味とは何でしょう?

宗教・宗派はご家庭によって異なりますが、かつては各家庭に長くお付き合いしている寺院がありました。現在よりも身近な存在で、お坊さん(宗教者)が先生となって、子どもたちに宗教観(倫理観)や習字(文字)や算術(計算)を教えていました。

また、大人にとっては、悩みがあれば老若男女問わず宗教者の元へ些細なことでも助言を請いに行く場所でした。もちろん家族が亡くなれば、まずは普段からお世話なっている宗教者に連絡して相談したものです。

そうして代々同じ寺院等でお葬式を執り行うことで、寺院では過去帳に各家庭の先祖代々の記録が残され、子孫は宗教者から亡くなった先祖の話を聞いて故人の人生を振り返ることができました。お葬式には死者を弔い、悼むだけでなく、家系を受け継ぐという大切な意味があるのです。そのため「みんなのお葬式」では、お葬式には宗教者が必要であると考えております。

料金プラン 価格を抑えながら質の高いみんなのお葬式セットをご紹介します。
グローバルナビ画像①
グローバルナビ画像②
グローバルナビ画像③
グローバルナビ画像④
グローバルナビ画像⑤